Nagareyama Run Tourism

Nagareyama Run Tourism Nagareyama Run Tourism

コンパクトシティ流山を走って巡るランツーリズム。
流山市内の名所、見どころをランニングコースとともに紹介します。

ランニングコース、サイクルコースの紹介など。その気になったらどこへでも。

Nagareyama Run Tourism

九十九里浜まで何マイル?

2024.05.09 今年に入ってから月間のランは今までの半分程の100km前後の走行距離となっている。走っているとはいえ、食事の量その他諸々は変わらないのでもれなくウェイトは増し続けており、そこそこ走っているのに太るという異次元に突入して...
Nagareyama Run Tourism

生垣の通り

2024.04.19 たまには朝走ろうということで、すっかりご無沙汰になっていた流山市小屋にある生垣の通りをゆく。 旧家が立ち並ぶ通りの美しい生垣や、近隣の竹林のタケノコがにょきにょきと生えてきていて里の緑の様子に元気をもらったような気分に...
Nagareyama Run Tourism

長袖、短パンのラン

2024.04.16 夜のランは、18℃あったので長袖短パンで走りに出かける。 今まで履いてたタイツをなくした格好で、暖かい気候に少しずつ身ぐるみを剥がされはじめてくると北風と太陽を地でいくみたいだ。 気楽な速さと時間で程々の汗をかきながら...
Nagareyama Run Tourism

菜の花が誘う流鉄を巡る春のラン

2024.03.16 今日は、流鉄トレインマーケットが催されていたのでランコースに会場の馬橋駅から流山駅までを流鉄沿いに進むようにして走りに出掛ける。 小川や道端にはそこかしこに菜の花が咲いて、うららかな季節の賑わいを見せれば、トレインマー...
Nagareyama Run Tourism

淡々さ

2024.03.11 十太夫近隣公園と水鳥の池をぐるぐると何周か、11km程の夜のラン。 体を動かして疲れを取る動的静養、アクティブレストと言われるランで少しゆったりとしたペースで走る。道中聞こえるのは、吸っては吐くを繰り返す呼吸音と左右の...
Nagareyama Run Tourism

さらさらいくよ。柏ビレジ近隣公園

2024.03.03 行先を決めずに気の向くまま足の向くまま走り回るのは、自由を謳歌している気分になれます。3月になって春先のピンクの広がりはどこにも訪れていて、天気に恵まれた今日はどこを走ってもそのサインを見つけられるような気がしますしね...
Nagareyama Run Tourism

十太夫ぐるぐる

2024.02.19 日中からの暖かさは夜になってもそのままで、夜9時頃の外気温計は、16℃と随分高い値を指していた。 その一方で雨雲レーダーは、約1時間後の雨降りを伝えていたから、夜のランは、出先の雨降りを回避して、近所の十太夫近隣公園を...
Nagareyama Run Tourism

三郷流山橋×玉葉橋を巡るツインブリッジラン

2024.02.12 2月の三連休最終日は、ランニングへ出かけ三郷流山橋と玉葉橋を渡り、江戸川堤防と利根運河をぐるっと走り巡る。 昨年、三郷流山橋が開通したことによって、埼玉県へのアクセスに流山橋、玉葉橋、常磐高速道に加えて新しい選択肢が加...
Nagareyama Run Tourism

分かってはいない

2024.01.23 これくらいの霧雨ならば走りに行っても大丈夫だろうと走りに出かけた矢先、稲妻が光リ、雷鳴轟き、雨は強くなる。そしてランは9分弱で終わる。 ああわかっていましたともとは思いつつ、本当にわかっていたならば、「そもそそんな夜に...
Nagareyama Run Tourism

続くときは続く

2024.01.18 今日で6日連続のラン。十太夫近隣公園からセンパを抜けて谷津田を下って宮園、思井を過ぎてまた谷津田を上ってセンパ、おおたかへと戻るコース。 ペースは息を整えながらゆっくりとふーとはーを淡々と繰り返す。 6日連続で走るのは...
Nagareyama Run Tourism

水鳥の池 周回

2024.01.17 昨日の凍えるような強風に比べれば風もほんんどなく気温も6℃くらいあって快適なランになった。昨夜がそれだけ過酷だった裏返しなのだけれども6℃ってまあまあ冷蔵庫の中だよなあと改めて思う。
Nagareyama Run Tourism

三郷流山橋まで夜のラン

2024.01.11 帰宅後、足早に夕食と洗い物を済ませて夜9時過ぎのランに出かける。これで久しぶりに4日連続でランが続くこととなり私にとってはちょっと珍しい。 早く走らねばだとか距離は長くあらねばと思ってハードルを勝手に上げておいた挙句、...
スポンサーリンク