スポンサーリンク

I❤NY

流山での暮らしで見えたこと、感じたことを書き連ねていくエッセイ。

ご馳走のありがたみ
2024.02.25 ご馳走という言葉の意味は、走りまわること。用意のために走り回ることから、もてなし、また食材を集めることから食事、さらにそれをを振舞う意味になったと言われている。 ほうぼうを走り回る自分にとっては、毎日がご馳走ということ…
きっかけの開花
2024.02.24 庭先の春は前回の三連休よりも確かに深まり、蕾だったラナンキュラスは見事な花を咲かせる。 開いた花びらの一枚一枚の並びは、フィボナッチ数列の黄金比を思わせる幾何学模様を描いていた。これらの数学がわかったら、日常の美しさへ…
耳鼻科での会話
2024.02.24 朝、花粉症の薬をもらいに1ヵ月ぶりに寺田さんのところへ出かける。 9時10分からの診療開始に対して8時半くらいに病院に着く。 それでも既に先客がいるのだから、花粉症シーズンが本格的に始まったのだろうか、診療所の待機列か…
静かな日の店番
2024.02.23 流鉄流山駅すぐにあるmachiminで一日、縁側スタッフという店番のボランティアを努めさせてもらう。 今日は、流山にも雪の降るひと時のある冬らしい寒さに包まれたこともあって、しとしとと雨が屋根を叩く音、信号が青になった…
ipod nanoだよ
2024.02.22 スマホの無い生活をしてみるというテレビ番組があったらしく、家に帰ってからの家族との会話でスマホ以前、サブスク以前のちょっと昔の音楽の聴き方についてあれこれと盛り上がった。 随分と使っていないipod nanoを取り出し…
タイトルとURLをコピーしました