Novel

自分の住んでる街を舞台にした小説が読んでみたいと思ったので言い出しっぺの法則で書いてみる。
地域文学、ローカル文学という新しいアプローチ

Novel

下り坂に上り坂

2021.11.27 晴れ 下り坂 少しずつ少しずつ11月下旬から取り掛かり始めた今年の大掃除と大処分市は、早くも1回目の粗大ごみを車にとっとと積んで流山クリーンセンターへ向かう程には順調に進んでいる。 今までもったいな...
Novel

日曜、夕方、プリントのお知らせ

金曜日の午後から微かに香り、土曜の夜にピークを迎えたた週末の匂いがアフターノートになりはじめる日曜夕方、テレビから流れる愛すべきマンネリのメロディが週末の終わりの鐘を鳴らす頃、下の娘がバツの悪そうな顔をして声を掛けてくる。 「実は大...
Novel

自転車置き場の夜

夜、駅に着くと私の一日の終わりがやってくる。 改札をタッチする「ピッ」が、自転車の鍵を開ける「カシャ」が、そっけのない「おかえり」を知らせる。 「ただいま」と口に出しては言わないけれどいつか自転車のベルを「チャリンチャリン」...
Novel

第2話 東口の看板

第1話 北口の瞬足 続き 結局母さんは、家のマンション前の水たまりをスタートしてからゴール地点となるおおたかの森駅前の塾までの道中、一度もぼくにその先頭の座を明け渡すことはなかった。 あれは、きっと母さんが水たまりを飛び...
Novel

早起き

目が覚めてしまった。時計に目をやると長い針と短いが一筋の線を描いている。ああ6時か。時計を目にした一瞬で今見てた夢の続きを忘れてしまった。あの続きなんだったっけ?思い出そうとしても目が冴えてくるばかりでどうも夢心地には戻れそうもない。 ...
Novel

第1話 北口の瞬足

もうすぐ、近くに新しいスーパーがオープンする。 「工事してる時からずっと待ち望んでいるんだよね」と母さんに言ったら、「今時、期待を持って待ち続けるっていうのは、とってもお金がかかるし、我慢することも多いものなのよ」とぼくの話を聞いてくれて...
タイトルとURLをコピーしました