獲得難度★付き 2017年流山おおたかの森SC福袋情報

獲得難度★付き 2017年流山おおたかの森SC福袋情報

今日は、大晦日。普段なら鬼に笑われる来年の話も今日ばかりは、明日の話でもあるわけで現実感があります。明日は良くても明後日となると少し笑われるでしょうか。

そんな今日は、これからのおおたかの森SCの初売り、福袋の話です。
2017年流山おおたかの森SCの初売りは1月2日AM10:00から開始になります。

物好き界隈な私にとって福袋はお楽しみでもあるので昨年に引き続き、おおたかの森SCに特化した福袋の獲得難度を今までの経験を踏まえて特集してみましょう。
「さて2017年、どのお店に並びましょうか」

福袋チラシ
http://www.otakanomori-sc.com/pdf/fukubukuro2017.pdf
(上記のページから参加店舗一覧の他 チラシ情報もチェックできます。)
チラシを見た中で「これは!」と気になるお店を個別に下記に取り上げてみたいと思います。(獲得難度は経験に基づく流山すみずみ算定です。)


レタンプリュス
獲得難度★★★★★
整理券必須 専用列
限定数150
1,080円
今年に引き続き2017年もレタンプリュスの福袋が3回目の登場。今年は柏高島屋の出店もあり、おおたかの森ローカルの店から柏駅前でもその名が知れる有名店になりました。
2015年、2016年とおおたかの森SCのテナント店舗外のお店にもかかわらず福袋が発売されるのは、柏高島屋への伏線だったのかもしれません。
今年の限定数は150と限定数の方も順調に増えてきています。限定数は(30→100→150)と増えているものの、おおたかの森駅前の人口増もありますので獲得難度は去年の5★と同じとします。
2016年の場合、気になる中身は、パン ド ジェンヌとギモーブ アグリューム(=マシュマロ)の構成でした。
パン ド ジェンヌを皆で切り分けてコーヒーとともにいただくのもお年賀や正月の箸休めに持ってこいですので文句なしにオススメです。
ちなみに今年(2016年)朝7時台にレタンプリュスとミレー目当てに福袋に並んで一桁台の整理券ゲットでした。確実に手に入れるなら、7時台の並び始めでの整理券ゲットがおすすめです。

ミレー
獲得難度★★★★☆
整理券必須 専用列
限定数400
1,500円
「流山育ちはミレーのケーキで大きくなる。」とも言われる柏、流山の老舗ミレーの福袋も登場。老舗だけあり、ファンも非常に多いお店です。毎年安定した人気がある中、限定数は昨年の300から400へと増えました。我が家も毎年ここの福袋から福をわけてもらっています。今回も並ぶことでしょう。焼き菓子中心の構成となりますのでレタンプリュスとともにおせち料理の良い箸休めになります。
詳しくはこちらより
レタンプリュスとミレーの福袋の中身確認編(2016年編)

レタンプリュスとミレーの福袋の中身確認編


※例年だとレタンプリュス、ミレー、ブールミッシュ、ユーハイム、ガトードボワイヤージュ、ゴディバなどのフードメゾン前のお菓子系福袋は整理券配布までの並び列が同じとなっています。整理券配布時に希望のお店を伝える形となっていますから途中で売り切れとなるお店が出た場合には、他のお店の福袋を手に入れることが可能です。整理券さえゲットしてしまえば、後はレジで引き換えでの支払いとなるので他に気になる初売り、福袋があったらそちらを先に手に入れるのも一つの手になるでしょう。
経験上、限定数の少ないレタンプリュスは7時台の並びならば入手に間違いがありません。他のお菓子系は8時台の並び開始でも十分に間に合います。

参考
2016年おおたかの森SC フードメゾンとマークス&ウェブの福袋に並んでいます。

2016年おおたかの森SC フードメゾンとマークス&ウェブの福袋に並んでいます。

ゴディバ
獲得難度 未知数
専用列  整理券必須
限定数54
5,400円
2017年 お馬に乗った裸の姉さんもついにおおたかの森SCに福袋で初登場(になると思います。)
ボンボンショコラ、クッキーなどの構成になるようです。詳しい中身は開けるまでわからないのが福袋のお楽しみですから、運試しに並ぶのも楽しみの一つになるでしょう。

マークス&ウェブ
獲得難度★★★★★
専用列  整理券必須
限定数80
5,000円 ニューイヤーサンクスバッグ(10,000円相当)
限定数80は今年と同じとなります。
オーガニックなボディケア品のお店で、専用列が作られる人気店。
毎年、福袋を買っているのは、「ハズレがないから。」価格相当2倍でボディ周りのケアグッズ、ボディーソープやシャンプーなど日々の暮らしに欠かせないアメニティが多く入っています。服のサイズが合わない、色味が気に入らない等の心配がいらない安定の「消えモノ」です。
普段から愛用する方はもちろん、こんなときだからこそちょっと良いモノを試したいという方にもおすすめです。列の並びは女性が大半を占めるところ、ちらほらと男性が並んでいるのも目にするのは家族サービスとしてお母さんは子どもとお家で留守番、お父さんが代わりに並ぶパターンでしょうか。(ちなみに私はその一人)ボディーソープ等、家族で使えるものも多いので加齢臭対策にかこつけて旦那さんをマークス&ウェブに派遣してみる手もありではないでしょうか。

私の場合ここ何年かは、お菓子列(ミレー等)で整理券配布開始後、マークス&ウェブに並び直してこちらの整理券もゲットするパターンが続いています。マークス&ウェブ単体のお目当てなら整理券ゲットは8時台でも間に合うのではないかと思います。
IMG_20160102_090500-thumbnail2.jpg
去年の成果はパーフェクトでしたけれど、さてさて来年はどうなることでしょう。

グローバルワーク
獲得難度★★★★★
専用列  整理券必須
メンズ25 ウィメンズ25 キッズ16
メンズ、ウィメンズは10,000円(30,000円相当 アウター含む6点)
キッズ5,000円(16,000円相当 アウター含む5点)
毎年非常に人気のあるグローバルワーク、国内ファストファッションの雄も福袋に登場。おおたかの森店は、今でこそグローバルワークの名前に戻りましたけれど、おおたかの森SCオープン当時は、グローバルワークの新業態の初店舗「UNDER CURRENT」として30代-40台向けのターゲットに絞った店舗構成でした。(その後、ブランドごと収束)少し早すぎたきらいがありましたけれど、今こそこの「UNDER CURRENT」が復活したら、この街の年齢構成的にもドンピシャであっただろうなあなんてことを思います。

それた話しを元に戻すと、グローバルワークの福袋が欲しい方はららぽーと柏の葉が初売り1日からに並ぶという手も取れます。または、1日販売開始の世間の評判を調べてから2日並ぶかどうか決めるという手が取れます。恥ずかしい格好でなければ良いという良い意味での加齢による服へのこだわりが減ってくると、こうした福袋でまとめてコーデを買うのもありですね。
初売りのチラシを見ながら、あれこれ考えるのもよりよい年末年始の素敵なひとときです。
みなさんよいお年を。

「お楽しみはこれからだ!」
流山すみずみ
https://nagareyama-sumizumi.com

Shoppingカテゴリの最新記事