空き家住宅への一手 流山市で既存借上型市営住宅を募集

空き家住宅への一手 流山市で既存借上型市営住宅を募集

流山市が既存借上型市営住宅を募集しています。詳細は下記より。
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/life/1001891/1001892/1001923.html
概要は、流山市がオーナーからアパート等の住戸を最長10年一括で借り上げ、借り上げられた住戸は市営住宅として、市民に貸し出す仕組みとなっています。

流山市より引用

 

駅前の徒歩10分圏内の新築物件は、通勤至便なニュータウンの暮らしに魅力を感じる方々の人気を集めていますけれども、少し離れた郊外の少々味あるアパートも、手頃な家賃や形成されたコミニュティ、有り余る自然、時折聞こえるキジの声等が魅力に映るならば、ニュータウンとは少々異なる味わい深い流山暮らしを満喫することができます。

今後は、相続等で空き家のアパートを相続する方も増えてくるでしょうから、空き家対策とこなれた良質な住宅を供給する住宅対策にもなる既存住宅の借り上げという策は、新築の市営住宅を建てる以上に廉価でなおかつ緩やかな住民の入れ替えが見込めるという点から、一石二鳥の効果が期待できるように思います。

私が住んでいるのも駅から離れた郊外ということもあり、色々な世代の色々な人が町内にいます。 娘たちが向かいのおばあちゃんに「大きくなったねえ」とかわいがられたり、見知ったおじさん、おばさんと挨拶をかわす姿を見ると、たまたま住んだ街が一緒だったという奇遇さのおかげで世代を超えて色々な人とつながる場があり、街の人たちにも結構育ててもらってるなあなんて感想を抱くことがあります。

今後、流山市の市営住宅としての貸し出しの動きが活発になれば、流山市への移住を考えている方が「まずいったん住んでみる」といったお試し移住がしやすくなるようにも思います。感触を掴んでこの街が気に入ったならば、「YOU!買っちゃいなよ!」で本格的な物件購入を検討すればいいと思いますし、住宅の流動化を支える動きとして今後の動向に注目していきたいですね。

「おおたかの森郊外のおすすめは、三輪野山、野々下、西初石4丁目、東初石4丁目、駒木」
流山すみずみ
https://nagareyama-sumizumi.com

住まいカテゴリの最新記事