駅前降りたら5秒で学校 暁星国際流山小学校4月に開校

駅前降りたら5秒で学校 暁星国際流山小学校4月に開校

私が小学生の頃に人気のあった先生が、未だ現役でサフラン近くの某小学校で教務主任として活躍されていることをつい最近知り、なんとも言えない懐かしさを感じています。当時からなかなかに禿げてらっしゃいましたから、きっと現在は良い具合に仕上がっていることでしょう。(失礼ですね。すみません。)
子ども心に信頼のおける良い先生でしたから、この方がいるなら安心安泰と言えますし、4月には、長女も小学一年生となりますから、どこかで縁があれば親子2代で世話になるような事があるかもしれません。

IMG_20160321_075928.jpg
仕上がりと言えば、今年の4月にはピカピカの小学一年生ならぬピカピカの開校一年目を迎える流山市内初の私立小学校「暁星国際流山小学校」が目下、校舎の仕上げに入っています。

新設校は昨年の流山おおたかの森小中学校に続き、2年連続となりますから、流山市が子どもの多い街になりつつあることを実感もします。

こちら暁星国際流山小学校の最寄は流山セントラルパーク駅になります。
学区の縛りのない私立校ですからきっと電車で通学する子も多いでしょう。魅力は駅からの驚異的な近さ。

IMG_20160321_075634.jpg
駅を降りて左を向くと、

IMG_20160321_075723.jpg
隣接する暁星国際流山幼稚園が目に入ります。ちなみに駅を降りてから本当の話、ここまで1秒で行けます。

IMG_20160321_075822.jpg
暁星国際流山幼稚園は、登園のバスがありません。そのためからか、流山おおたかの森からセンパまでの一駅の間、下の子を抱っこ紐で抱えたお母さんとキリッとした制服を着た上の子が電車登園するのに乗り合わせたことがあります。
教育に力を入れるというのはお金だけだなく、時間や熱意など相応の労力がかかるものだと思い知らされますし、子ども思いでなければなかなか取れない行動だと感心もします。

IMG_20160321_075740.jpg
ホント最近の学校は外観が洒落ていますね。
小学校は幼稚園のお隣にできますから、駅からダッシュすれば5秒で行けそうです。

IMG_20160321_080039.jpg
工期的には設備や電気工事の入る終盤でした。開校までにはなんとか間に合わせてくるでしょう。

この暁星国際流山小学校、余資があり労力も掛けられる方には、語学教育の気合の入りっぷりは魅力的な選択肢になるでしょうから、入学を検討してはいかがでしょうか。
余資はないけど余暇があるよという私みたいな人には、プランBとしてお金をかけずに労力をかけるという方法もあります。良書を元にお子さんと一緒に学ぶというのはいかがでしょうか。

 

こちらは30歳を過ぎて無性に数学をやり直したくなったときに買った「語りかける中学数学」です。名著と呼べる程に説明が丁寧で口語で書かれているので本の中の先生が本当に語りかけてきてくれるような魅力があります。小学校高学年でも理解できるように書かれていますので大人はやり直し、子どもにはきっかけを与えるなんていう一石二鳥も見込めます。

学校や塾だけでなく親から学ぶという選択肢が用意できたら、お子さんの成長もよい感じに仕上がるかもしれません。
とかく学校のインフラや教育方針というものに目が行きがちになりますけれども、親として子どもにしてあげられることは、思った以上にたくさんあります。
幼児期に絵本を読んであげるだけでなく、児童、学生と成長していく子どもたちのこの先を一番身近な人生の先生として寄り添う視点も持ちあわせていきたいものです。

暁星国際流山小学校
http://www.gisn.jp/
暁星国際流山幼稚園
http://www.gikn.jp/

Open/Closeカテゴリの最新記事