流山市女性向け創業スクールの煽り文句がスリーストライク アウト!!!

流山市女性向け創業スクールの煽り文句がスリーストライク アウト!!!

流山市女性向け創業スクールの受講生募集が始まります。詳細はパパすけさんのブログより。

流山市女性向け創業スクール!基礎編説明会は5/9!
https://gamp.ameblo.jp/ootakapapa/entry-12453465268.html

流山で商売を始めたい女性の方は是非、受講を検討してみて下さい。
市内でT-ristを運営し、今の流山を代表する三大ママである尾崎えり子さんを講師に迎えて「行動力」と「交渉力」をコンセプトに創業に関心がある方向けの講座となります。流山市の創業スクールで、はじめの一歩を踏み出しませんか?

今回はステップ1として説明会の開催となります。

ステップ1 説明会

5月9日(木曜日)10時30分~11時30分

  • 場所 流山市上下水道局
  • 定員 30名
  • 費用 無料
  • 申込み 4月1日(月曜日)8時より、以下のリンクから受付開始
  • 基礎編説明会の申込みサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きます
  • 内容
    • 10時30分~11時 尾崎えり子氏の講演
    •          地域で創業する女性たちに伝えたい時間と価値について
    • 11時~11時15分 今年度の創業スクールについて
    • 11時15分~11時30分 質疑応答

ひと通りの募集案内を見ると、この流山の地でビジネスを始め成功を目指さず方を対象にした様々なカリキュラムが組まれているので非常に参考にりそうです。

女性であるが故に育児や結婚のタイミングで一旦ロストしてしまいがちなキャリアをリスタートさせようとする流山市のこうした支援は、いかんともしがたい社会構造をどけんがせんとしようとする試みの一つとしてその基本姿勢に私も多いに賛同しています。能ある鷹が爪を隠して森にいるんじゃもったいないですからね。少しでもその思いがある方は、説明会への参加はよりよいきっかけとなることでしょう。(おわり)

Advertisement

以下蛇足。

コピーに目をやるとそこはお花畑だった。

これらの内容をキレイに告知し終えたところで私的な本題に入るとしましょう。
この創業スクールの開催告知には、中々のインパクトがあり、爽やかな春の風のように私の心を撃ち抜いていきました。

 

お花畑だぜ!ヒャッハー‼

 

これには江戸川の菜の花も舌を巻くレベル。

ワンストライク!「いつかくるあなたの時間。」

ワンストライク目はこのコピー。内角攻めストライク。

私の24時間は私の24時間であるようにあなたの24時間は24時間で1日に与えらえらた時間は誰にも等しいものです。家事、育児にかかる時間の多寡はあれどそのどれもが私の時間であることに疑いはありません。私の時間はいつかくるものではなく、いつもきているものです。
このコピーが指す「あなたの時間」が「あなたによるあなただけの時間」を差すならば、育児や家事はいったい誰の時間になるのでしょうか。この答えはしっかりと準備して用意しておかなければなりません。育児や家事に費やす時間がコストであって、本当の私の輝きを鈍らせているとでも言いたげな「不満」の元に見えている方ほど「いつかくるあなたの時間。」は救いであり誘いに見えることでしょう。しかしながら、本質はどうか?ということです。

いい人の上にも悪い人の上にも静かに夜は来る わけです。真に成功する人は、持てる24時間すべての時間を自分の時間と捉えて使っているような気がします。成功している人ほどその感覚でとにもかくにも時間を作っていますよね?

ツーストライク!!「ブレない。」

ツーストライク目はこのコピー。外角ギリギリストライク。

おいおいどの口がそれ言ったよ?こんだけブレたコピー出しておいて「ブレない。」ってよー
「ツッコまれてえのか、バカヤローこのやろーオメー」©いつもここから

でももしかしたら、炎上商法なのかもというぶっこみ感もあったりします。だとすると巧です。

スリーストライク!!!「大手ではコスパに縛られる」

結局のところ金感。本当の意味でストライク。娑婆っぽくてホント好きです。
「よーく考えようお金は大事だよー」に通じるものがあります。
しかしながら、身軽な創業故にニッチなニーズを少人数で拾うことも可能ですから、ここには成功のヒントが一番隠されているように思います。

他にも「専業主婦」「流山モデル」等の切れ味鋭いストライクなコピーが並びます。是非みなさんのストライクを探して頂けたらと思います。

創業&廃業例

創業スクールによりママ経営者たちとワナビーが繋がりやすい「サロン」的な役割を果たしながら創業の間口が広がったことは、大きなメリットであることに間違いはありません。その先、篩に掛けられたホンモノだけが、死屍累々の山を超えて生き抜くだけの経営人として認められていくものでしょう。スタート地点に立つ心意気は、やはり素晴らしいものです。その先の初期衝動のキラキラだけではやっていけない経営者の本質を学びながら、この街で大きく成功して頂けたらと思います。

「ご覚悟はよろしくて?」

【創業】

T-rist 尾崎えり子さん
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000032455.html

ノグチノブコさん (イラストレーター)
https://www.chibanippo.co.jp/news/local/478708

【廃業】

Cafe FLORIAN
https://toyokeizai.net/articles/-/137219

 

I ♥NYカテゴリの最新記事