2019年3月19日(火)11時 都市軸道路が一部開通

2019年3月19日(火)11時 都市軸道路が一部開通

広報ながれやま3月1日号で既報の通り、2019年3月19日(火)11時から 都市軸道路が一部開通します。

広報ながれやま平成31年3月1日号より引用

 

現場周辺より

開通される区間の現場周辺は、ご覧の通り。

開通区間から流山警察署方向を臨む

 

この開通区間に元々敷地があった流山自動車学校は、すぐ隣のセキチューと複合型施設として移転することとなりました。私たちの子どもも将来、運転免許を取得する頃にはお世話になりそうですから、移転という形で自動車学校が身近な所にあるのは助かりますね。

Advertisement

 

開通済みの都市軸道路から東方面(おおたかの森駅)を臨む

 

まっすぐ進めば国道16号まで出ることができる道路ということもあり、流山市内を通る都市軸道路周辺にも次々と商業施設が開業しています。
通り沿いにはすでにベルク、ホンダ流山おおたかの森店、エニタイムフィットネス流山おおたかの森、BARN&FOREST148 、カスミ流山おおたかの森店等が開業していますし、今後はおおたかの森駅前近くに「龍泉寺の湯 流山店」のオープンも予定されています。少し足を延ばせば柏の葉キャンパスのららぽーと柏の葉に繋がり、国道16号に出る場合も時間的に最短となることも多い通りですから、今後ますます注目の道路となることでしょう。

新流山橋も接続予定

今後の都市軸道路の整備予定では、流山警察署を抜けて流山消防署の辺りから江戸川に掛かる新流山橋の着工が予定されています。

周辺の土地収用も進みつつある状況ですし、有料道路として早期供用開始となれば目の黒いうちには新流山橋を拝むこともできそうですね。その一方、有料期間の想定が30年ですから、新流山橋の開通後に道路の利用が無料になるまで生きているかどうかは、私の寿命とのデッドヒートを繰り広げることとなりそうではあります。

茂呂神社付近より江戸川方向を臨む

 

街並みと合わさる富士山の観測スポットとしてもその筋では有名です。

 

是非、長生きして「昔は有料でのう~」「富士山がきれい見えてのう~」くらいのたまいながら、この記事を私の孫にでも見せてあげることを楽しみにしておきたい所です。

参考

流山市新流山橋だより
流山市公式に新流山橋への取り組みがまとめられています。

都市軸道路(wikipedia)
wikipedkiaには都市軸道路全容の紹介があります。

流山橋周辺の渋滞解消に期待 三郷流山橋2023年度開通へ
東京新聞記事より 普通車150円 30年の有料予定等の記載あり。

『三郷流山橋』供用早まる!?【有料&2車線で早期供用か?】
地域ブロガーのCAPRICIOUSさんより。考察が面白いです。

開発情報カテゴリの最新記事