昔はゴルフ場でした。じゃあ今は?

昔はゴルフ場でした。じゃあ今は?

先日、十太夫近隣公園に娘と遊びに行ったときに、久しぶりに十太夫のミサワホームの分譲地を通りがかりました。
この一帯は、まとまった形で開発されたので街並みに統一感があって非常に落ち着いています。

一軒一軒にゆとりがあるので郊外の閑静な住宅地として流山フィルムコミッションに撮影地として使われてもおかしくないくらいのいい感じの新興住宅街の佇まいがあります。

分譲された住宅は40-50戸の規模ですからなかなかの規模があります。これだけの規模の住宅をまとめて開発できたのにはさぞ大変だったことだろうと思いきや、ちょっとした理由があります。

その理由を知りに少し昔の地図を引っ張り出してみましょう。

1990年の十太夫 航空写真

今の地図と比べてみたところで果たして同じ場所が映っているのかがわからなくなりそうなくらいにあっぱれな森っぷりですね。
かろうじて今の基準になりそうなものとしては、地図中央に左上から右下方向に走る広い通りがあるのがわかるでしょうか。
これが、現在のひろびろ通り(カスミのある通り)になっています。

このひろびろ通りの南側に長細い区画があります。ここだけは当時から森は無いですね。下記の現代の地図に当てはめると丁度この分譲地と一致するのがわかるでしょうか。

この気になる敷地、今でこそ名残は全くなくなってしまいましたけれど、この一帯には昔、初石ゴルフ練習場という名のゴルフ練習場がありました。
現代の閑静な住宅街の前には、森に佇むゴルフ練習場があったわけです。
ゴルフ練習場がそのままこの一画の住宅街となったと知ると、区画の長細さ辺りに往時を忍ばせるものがありますね。

人に歴史あり。街に歴史あり。と言ったところですけれども、この「昔はゴルフ場」だったパターンの開発は、流山、柏の葉界隈ではメジャーなパターンのように思います。

例を挙げれば、くら寿司流山青田店の隣にある、ヨークマート、マツモトキヨシ、セリア、ケーヨーD2の一体のショッピングエリアもついこの間までは、SANゴルフ練習場というゴルフ練習場があったことを思い出します。

この手の話で言えば忘れてはならないのは、下記の広大なゴルフ場に触れぬわけにはいきません。

さてここはどこでしょうか。
ヒントは写真左側に池らしきものと小学校らしき区画が見える点と言ったらわかるでしょうか。
正解は、三井系列のゴルフ場「柏ゴルフ倶楽部」です。
では現代に戻って見比べてみます。


柏ゴルフ倶楽部の敷地は、現在で言う所の柏の葉キャンパス一帯そのものになっています。柏の葉キャンパス一帯がなぜあれほどまでに三井グループによってオーガナイズされた開発ができているかを考えたとき、その答えは、この2枚の航空写真が雄弁にその理由を物語ってくれます。
柏の葉キャンパスの一番街も二番街もゲートタワーももちろんららぽーと柏の葉も、要はほとんどが上記の「柏ゴルフ倶楽部」の敷地内にあったからというわけです。

新興住宅街にもショッピングセンターにもスマートシティにもこうした歴史があると思うと、往時を忍んで散歩をしてみるのも中々に面白味のある試みのように思います。ブラタモリばりに昔の地図を持って近所を散歩してみたならば、アカデミックな探求心が刺激されるかもしれませんよ。

参考
地理@沼津高専ウェブ地図

I ♥NYカテゴリの最新記事