選挙に行こう。市内投票所の投票率ベスト&ワーストにも注目

NO IMAGE

衆院選の公示がなされ、街中は選挙戦の日々を送っています。
投票日の10月22日(日)を迎えるまでは、普段の静かな秋とは異なり、鈴虫の声に加えて様々な声が渦巻く喧騒の中を暮らすこととなりそうです。
誰を支持するかについては、人それぞれの思いがあるでしょうから、今回は趣向を変えて流山市内投票所における投票率争いに着目してみてみましょう。

ちなみに参考となる前回の衆院選の結果は下記の通り。
ベスト3
1位 58.68% 宮園自治会館
2位 53.26% 八木北小学校体育館
3位 51.97% 江戸川台福祉会館

ワースト3
1位 34.96% 第1コミュニティホ-ム
2位 36.38% 駒木青年館
3位 36.98% 新川小学校体育館
(流山市オープンデータより 平成26年執行衆議院小選挙区選出議員選挙投票結果を参照

同じ市内で投票率に結構な差の開きがあることに驚きますし、この投票所による得票率の違いは、一体何から生じるかに興味が涌いてもきます。
地区の住民の投票意欲の差だけでは片付けられない要素、例えば投票所地域の年齢構成、投票所の駐車スペースの有無など、投票所への行きやすさが影響しているのかもしれません。
高齢化などにより選挙に行きたくても行けない層の存在などもこの先注目を集めることになるでしょうから、この辺り、また改めて探れたらと思います。

I ♥NYカテゴリの最新記事