駅前のポスターが誘う「TX × YAMASTA」筑波山スタンプラリー開催

駅前のポスターが誘う「TX × YAMASTA」筑波山スタンプラリー開催

きっかけはどこにでも。

TX × YAMASTA

 

駅前に掲げられたポスター一枚が人生を変えることだってあるかもしれないなんて、口にしたら大げさでしょうか。いやいや人生何がきっかけになるかはわかりません。日々乗る「つくばエクスプレス」の名に意識することすら忘れつつある「つくば」が私たちに「おいでよ」と呼びかける一枚のポスターをおおたかの森駅で目にしました。

Advertisement

TX × YAMSTA 筑波山スタンプラリー開催

ポスターに踊るはTXとYAMSTAに筑波山の文字。オリジナルグッズをもらおうという謳い文句からは、筑波山への誘いを感じるところです。

ざっくり言うと、スマホを使った今時のスタンプラリーを筑波山を舞台に行うという面白そうな企画が開催されています。

インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(代表取締役社長 川崎 深雪、本社:東京都千代田区)が提供する山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」は、つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道株式会社(代表取締役社長 柚木 浩一、本社:東京都千代田区)とコラボし、2019年2月16日~7月12日の間、「歩いて運気UP!筑波山奇岩・怪石スタンプラリー」と「歩いてふれる、筑波山歴史探索スタンプラリー」を実施いたします。

PRタイムスより引用

スタンプラリーのコースは下記の2コースあり、体力と時間に応じて選べるようになっています。

設定されたチェックポイントは、それぞれ筑波山の見どころを押えたコースのように見受けられます。ロープウェイ、ケーブルカーも上手く使うと若干早く周れるあたり、ガチ勢もライトな方にも配慮したように思われます。

歩いて運気UP!筑波山奇岩・怪石スタンプラリー
登山道に点在する、パワースポットでもある奇岩・怪石を巡るコースです。スタンプラリーを終えるころには、きっと運気もUPしていること間違いナシ。歩いて登頂する場合は「筑波山あるキップ」の利用が便利です。
<チェックイン対象の場所/ 9箇所>
つつじヶ丘駅、弁慶七戻り、出船入船、筑波山(女体山頂、男体山頂)、ガマ石、大石重ね、筑波山神社(日枝・春日神社)、筑波山温泉(青木屋前)、展望あずまや
<参考コースタイム>
ケーブルカー/ロープウェイ利用あり 約3時間30分
ケーブルカー/ロープウェイ利用なし 約4時間

歩いてふれる、筑波山歴探索スタンプラリー
古くは万葉集にも詠われるほど名所盛りだくさんの筑波山。歴史に想いを馳せながら各地を訪ね歩くスタンプラリーです。ケーブルカー・ロープウェイを利用する場合は「筑波山きっぷ」の利用が便利です。
<チェックイン対象の場所/ 9箇所>
つつじヶ丘駅、筑波山(女体山頂、男体山頂)、紫峰杉、立身石、宮脇駅、筑波山神社(日枝・春日神社)、旧筑波山郵便局、筑波山大鳥居、展望あずまや
<参考コースタイム>
ケーブルカー/ロープウェイ利用あり 約2時間
ケーブルカー/ロープウェイ利用なし 約4時間

スタンプラリー コースマップ(★はチェックイン対象の場所)スタンプラリー コースマップ(★はチェックイン対象の場所)

■スタンプラリー達成でオリジナル記念缶バッジ・認定証が貰える!
さらに抽選でオリジナル限定ピンズが当たる!
スタンプラリーを達成すると、筑波山観光案内所(営業時間:8時30分~17時15分)にてオリジナル記念缶バッジ(先着1,000個、デザイン14種)と認定証をプレゼントします。(※1)
さらに、毎月10個抽選でオリジナル限定ピンズが当たります。(※2)

※1 缶バッジと認定証は各コース、1回達成で1つ差し上げます。「筑波山観光案内所」受付で、トロフィー画像をご提示ください。
※2 ピンズは各コース、1回達成で1口応募できます(達成ごとに複数回応募可)。必要事項を記載してメール(ヤマスタ事務局宛 yamasta-info@yamakei.co.jp)にて応募ください。

楽しみになりそうなのが景品のピンズと缶バッジとなりそうです。

缶バッジがかわいい

バッジもかわええ PRタイムスより引用

 

先着1000名まででデザインは14通りということですから、全種コンプリートを目指すながらもれなく最低14回筑波山のスタンプラリーが必要になる計算です。

仮に14回も筑波山登ったら、なんだか一人前の山男、山ガールになれそうな気がしてくるのは気のせいでしょうか。

ピンズもかわいい

カエルと筑波山のピンズ PRタイムスより引用

 

こちらのピンズは毎月10個の抽選というかなりの激レアもの。筑波山の象徴であるガマをあしらったデザインは愛らしさがあります。

スタンプラリー1回制覇につき1口応募できるようなので、足腰鍛えがてら応募口数を増やすのも、面白そうですね。

余談ですけれどもYAMSTAのwebページには、他の名山のピンズのデザインも見る事ができます。気になる方は是非一度、WEBページを訪れてみてください。

ポスター一枚に釣られて山登りを始めるようなことがあるならば、世の中は可能性に満ち溢れていると言えるでしょう。

そうそう、流山にはコールマンアウトレットがありますし、お隣柏の葉キャンパスにはモンベルもありますから、山登りグッズの調達には恵まれた環境がありましたねぇ。

YAMASTA WEBページ
http://yamasta.yamakei.co.jp/

 

流山にはコールマンの直営/アウトレット店の「コールマンショップ流山」があって助かる話

 

Eventカテゴリの最新記事