熱く暑い一日。流山ロードレース2018開催される

熱く暑い一日。流山ロードレース2018開催される

熱くそして暑いそんな一日。

盛り上がりは熱かった‼!

今日は流山セントラルパークが一年で一番盛り上がる日。そう「流山ロードレース」が開催されました。
流山おおたかの森からTXに乗り込みその決戦の地を目指すところから始まった今日は、暑く、熱い一日となりました。

スタート&ゴール地点となるキッコーマンアリーナは出店も数多く、近隣中学校のブラスバンドの演奏もあってお祭りの華やかさにつつまれていました。
救護班の皆さんのミーティングや、スポンサードしてくれたキッコーマンを始めとして色々な方の携わり方を感じるところです。

思い出作りにインスタ映えを狙ったボードが出てくるあたりも何というか今時のスポーツイベントっぽさがあって彩りを添えてくれていました。


この辺りまでは、 スタート前までの高揚感とお祭りのドキドキを楽しめた一方、レースが始まってからは「真夏の暑さ」との戦いとなりました。

天気もとにかく暑かった‼

台風25号の来襲が懸念される中、進路がずれて無事の開催となったその一方で、今日、流山を襲ったのはこの「真夏の暑さ」

最高気温は31℃にまで昇った本日、流山ロードレースには、熱中症で搬送男女11人が搬送されることとなりました。

ロードレースで男女11人が熱中症で搬送 千葉・流山
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/1007/san_181007_8633220705.html

いつもの秋晴れとは異なる炎天下の中でしたから、ランナーの一人ひとりが帽子を被ったり、コース上日陰があるならできるだけ日陰を走り、給水所の水やスポーツドリンクは都度必ず1杯はもらう等の暑さ対策が求められるレースとなりました。

スタート前の様子

シーズン序盤の10kmという比較的短い距離のレースにオーバーペースとなってしまった方もいるでしょう。搬送された方々がトレーニング不足だったとか根性が足りなかっただとか短絡的に本人の責に結び付けるのは、早計ですし、暑さが体力を奪うということに気を付けなければ、いつ誰が倒れても不思議じゃなかったような天候の中のレースだったように思います。

給水所を始めとしたボランティアの皆さんに感謝‼

レース中3か所(3km 6km 8km)に設けられた各エイドでは、水やスポーツドリンクを頂けることもあって皆が皆それぞれ水分補給をしながら生き返ることができました。そのうち、みんな大好き面白店長でおなじみのカスミが設けてくれた3kmのエイドステーションでは、コスプレしてくれた店長と流山を歌で盛り上げる恩流の小嶋さんのガッツと元気の良さにひと笑いさせてもらうこともできました。

搬送された皆さんが大事に至らないことを願いつつ、参加したランナーだけでなく、ボランティアや沿道の応援の方、様々な方の心地よい気持ちの中でこのレースが開催されていたこと、暑さに全てが負けたわけではないこと、このあたりはきちんと知っておいて頂けたらと思います。

動画始めました

今回の流山ロードレースから雑ながらも流山すみずみも徐々に動画対応を始めました。
字幕や編集の知識はこれから身に着けるとしてローカルWEBメディアっぽさを出していきますので動画ニュースっぽいものに期待をして頂けたら幸いです。

というところで、今後とも変わらずどうぞよろしくお願いします。

I ♥NYカテゴリの最新記事