柏市松葉町の老舗パティスリー「グルメ」のケーキは、生地とスポンジの美味しさが際立つ

柏市松葉町の老舗パティスリー「グルメ」のケーキは、生地とスポンジの美味しさが際立つ

住む街に根付いたケーキ屋さんは、わたしたちのいつも生活にちょっとした彩りを挿し込んでくれます。気合を入れてでかける都心の有名店のきらびやかさとは異なる街中のケーキ屋さんの魅力は、日常に寄り添う「いつもの味」。その素朴さ、確かさに得も言われぬ魅力があることは、皆さんご存知の通りです。それぞれの街にはそれぞれのケーキ屋さんがあって、その先にはそれぞれのストーリーがあるということ。自分自身の成長とともに節目節目を街のケーキ屋さんで祝う楽しみは、時を共に重ねる相棒のようでもあり、またいつも見守ってくれるおばあちゃんのようでもあります。ことさらに風呂敷を広げて雄弁に物語ることはなくとも、街のみんなが知っている。老舗として慕われ続けるケーキ屋さんその美味しさの秘密には、きっと皆の思い出が詰まっているのでしょう。

今日は、そんな地域に愛される老舗の一つ、柏の葉キャンパスからもほど近い柏市松葉町にある老舗パティスリー「グルメ」の紹介のお話になります。

柏市松葉町にお店を構えて40年の老舗パティスリー「グルメ」

松葉町に住む友人にどのケーキ屋が美味しいかを訪ねるとかなりの高確率でこちらの「グルメ」のケーキを勧めてもらうことができます。私の場合3人に聞いて2人がグルメ!と教えてくれましたらから、打率の高さは折り紙付きです。

 

Patissierie Gourmetの看板に1978年の文字。

 

オープンは1978年と、私の年齢よりも年上ですから、ケーキ屋さんとしては老舗の域になるでしょうか。それでいて外観やお店の中に古びた感じはありませんから、都度都度手を入れてきたであろうことが見て取れます。現在の店舗は2015年からということでただ旧くなるのではなく、地域とともに熟成をしてここまで来たことが見て取れます。

外観はケーキ屋さんのそのもの
テラスもあります。

 

CAKE! CAKE!! CAKE!!!

店内には大型のケーキディスプレイがあり、各種ケーキがおどります。そのラインナップは30種類程。価格帯は200~400円台のものが多く、手に取りやすい金額帯となっています。

ケーキ屋さんのディスプレイはいつ見てもテンションあがります。

定番のショートケーキ、チーズケーキ、モンブラン、ティラミス等はもちろんのこと、桃を丸々使ったももちゃん等の個性的なメニューもあり、目移りさせる気満々な気概を感じるラインナップでした。

生チョコショートケーキ350円

人気製品はディスプレイに貼られていますので、初めての方は参考にしてみるのもよい道しるべになるでしょう。ちなみに私が訪れたときの人気製品は下記の通りとなっていました。

No.1 クレープ 380円
No.2 スペシャルショートケーキ 450円
No.3 フレンチモンブラン 420円

ここからクレープとスペシャルショートケーキを買ってみたので、簡単なレビューはのちほど。もう少し店内を見まわしてみます。

店内と焼菓子に見えるちょっとしたクマ推し

店内は充実の広さがあり、柏市西原のミレーの本店と同じくらいの広さがあります。取扱い品は、各種ケーキ、焼き菓子、アイスキャンディなどスイーツなら網羅していてそれぞれが来た人を歓迎するケーキ屋さんに入ったときの期待が広がる「あの感じ」があります。

ショッピングセンターのテナント等と違って、一軒家風のケーキ屋さんに踏み入れると「あの感じ」に包まれる心地よさがより濃いように思います。

また店内には、クマのボードが置かれており、誕生日祝いがてら、少しの恥ずかしさと引き換えにクマのシェフになりきることもができます。

クマボードとクッキー等の焼き菓子

店内の目抜きとなる目立つ位置にはグルメのくまさんなるベアケーキがあるクマー

グルメのくまさん クマ推しに悪いひといないクマー

推しはあってもおろそかにしないそのラインナップの広さは、本当に感心します。

カップケーキもあるクマよ

カップケーキも取り扱いがあり栗のカップケーキ、レモンカップケーキなどお手頃な140円となります。

アイスケーキもあります

アイスエリアも充実
お値段は370円

 

トロピカルマンゴー、ストロベリーバニラ、ブルーベリーチーズ、ヴァニラピスタフレーズ、ヨーグルトフランボワーズ等々のアイスケーキも取り扱いがあります。アイスケーキの種類の豊富さが目を見張ります。

スポンジや生地が際立って美味しい

私たちが買ったのは、人気製品No.1の「クレープ」、No.2の「スペシャルショートケーキ」、桃を丸々使った特徴的な「ももちゃん」「生チョコショートケーキ」and more!でした。

人気No.1 クレープ

一口してわかるのは、その生地の美味さ。小麦、卵に良いものを使っているだろうことが印象に残ります。柔らかく後味のいいその際立つ生地のおいしさに乗っかって、生クリームだけでなく各種フルーツが包まれていて、少しラム酒を使われることで甘すぎることない仕上がりとなっていました。

 

人気No.2 スペシャルショートケーキ

通常のショートケーキとは別にラインナップされるのがこちらのスペシャルショートケーキ。一見してわかるのは乗ってるイチゴが一つじゃないスペシャル感。

次女が普段ショートケーキを食べると、大体ケーキの上のイチゴとクリームを食べて、スポンジはほとんど残すパターンが多いのですけれども、こちらグルメのスぺシャルケーキでは、スポンジをひと切れも残すことなく食べきりましたから、彼女の琴線に触れる何かがあったようです。

次女に一口わけてもらったところでは、スポンジの柔らかさ、きめ細かさは私でもわかりましたから、彼女にもスポンジの美味しさがわかったのだと思います。

 

インパクトのあるももちゃん

丸々1個のももを使ったももちゃんも非常にインパクトがありました。中の種は抜かれていてその部分にはカスタードクリームが入っています。このカスタードクリームと桃を合わせて食べると果肉感のあるクリームを味わうことができて、美味しく頂くことができました。

 

生チョコショートケーキ

スぺシャルに対してショートケーキとなると、やはりイチゴは一つ乗ると言ったところでしょうか。こちらは生チョコショートケーキとあるようにチョコ系のショートケーキとなります。トップにはイチゴの他にチョコクリーム、生チョコが乗っていますからチョコ好きなショートケーキフリークも満足できることでしょう。チョコクリームは甘く軽めで、後味は華美に残らず非常に食べやすかったです。スペシャルショートケーキで味わったのと同じく、スポンジの美味さは健在で、お店のファンが多いのも頷けました。

夏休みに「おつかれさま」を

季節の変わり目、こどもたちにとっては夏休みの最後の日に「おつかれさま」を持って夏休みをきちんと見送ってあげるのも趣きがあると考え、グルメのケーキとともにお疲れ様会の開催となりました。ケーキ屋さんとの付き合い方は何も「おめでとう」ばかりではありませんし、ねぎらいのような励ましのような甘いものとの付き合い方をしてみるのも時には良いでしょう。

夏休みが終わるからといって人生が終わりわけでもなし、ハレの日でもないなんでもない日常だからこそ、頭にきちんと糖分を入れてあげると元気が出るということもあるでしょう。夏休みの終わった達成感と過ぎゆく夏のねぎらいへ、こういうときに街の老舗の味は、よく効くお薬のように人を元気にしてくれます。

店舗情報・アクセス

店舗名称 洋菓子の店 グルメ 松葉町店
電話番号 04-7134-2006
住所 〒277-0827 千葉県柏市松葉町2-3-1
営業時間 9:30~20:00
定休日 水曜日 水曜日が祝日の場合翌日木曜日

駐車場もバッチリ完備されていて8台は止められますので、車で行っても何ら問題ありません。

 

 

グルメカテゴリの最新記事