やまや豊四季店にイチローズモルトがあらわれた。

やまや豊四季店にイチローズモルトがあらわれた。

私が家で飲むお酒をよく買うやまや豊四季店で、イチローズモルトのウイスキーを見かけました。このことは中々の驚きで、私的には、メタルスライムがあらわれた!くらいのレア感があります。

これがイチローズモルトの中でも特に有名なシングルモルト「秩父」であれば、メタルキング級のレア感ですし、森伊蔵が普通に売ってるレベルの究極の驚きとなるわけですけれども、さすがにシングルモルトではなく、店頭に並んでいたのは比較的廉価なブレンデッドウイスキーとなります。

そうは言ってもあのイチローズモルトが手に入るというのは、人によっては福音かもしれません。

 

しかも「やまや価格」

このイチローズモルトは、ジャパニーズウイスキーの新進気鋭のメーカーで埼玉県秩父に蒸留所を構えています。後発の新進気鋭のウイスキーメーカーでありながらも、こだわり抜いたウイスキー作りの姿勢は世界的にも非常に高い評価を得つつあります。

「ワールド・ウイスキー・アワード2017」で同社の銘柄「イチローズモルト 秩父ウイスキー祭2017」が「シングルカスクシングルモルトウイスキー部門」で世界一に選ばれた

wikipediaより引用

私自身、人並みにお酒全般をたしなみますので、美味い酒には目がありません。おおたかの森のとある宴の席でウイスキーをたしなむ話をしていた折、「日本にもよいウイスキーがあるよ」と教えて頂いてその名を知ったのがこのイチローズモルトでした。

その名は知ってもなかなかお目にかかれないそのレアっぷりは、まさにドラクエで言うところのメタルスライム感があります。

ハイボールの流行やマッサン辺りからの昨今のジャパニーズウイスキーの人気は、小規模で生産数の少ないメーカーものを容易くプレミア化させました。

入手困難が極まった結果、店頭で目に触れるきとはまずなくイチローズモルト自体、近隣で言えば柏にある「Bar TACT」のようなオーセンテックバーでしか飲むことのできない上物になっていったように感じます。

Bar TACTでもメニューにはない裏扱い的なポジションとなっていて「日本にもイチローズモルトっていうウイスキーがあるらしいぜ」なんて受け売りの話をしていた折に、バーテンダーが「実はうちにもありましてですね…」なんて展開でようやくお目にかかれた代物でもありました。

イチローズモルト勢揃い

Bar TACTのウイスキーの品揃えは柏で一番でここで飲んだウイスキーは数知れずも、その出会い含めてイチローズモルトのCHICHIBUは出色の美味さであったことは記憶に残っています。

 

紳士淑女のたしなみ。柏にあるオーセンティックバー「Bar TACT」

その以後、イチローズモルトが手に入れば是非にと思っていた折、やまやで売っているというのは、新鮮な驚きとなるわけです。

ウイスキー自体、敷居が高くおっさん臭いというイメージを持たれがちではありますけれども、自分が既におっさんの域にいますのでそのおっさん臭さが気にならなくなってきました。

樽の中で何年も時を経て美味くなるウイスキーののように、自分自身もよりよいエイジング(=熟成)ができているかをグラス片手確認してみるのも結構大人っぽい楽しみになるかもしれません。

コマンド「どうする?」

 

Storeカテゴリの最新記事