IKEA 新三郷店でサメの水揚げが旬を迎える

IKEA 新三郷店でサメの水揚げが旬を迎える

2021.09.20
シルバーウイーク3連休の最終日となった20日、関東各地は久しぶりの快晴に恵まれました。

埼玉県三郷市のIKEA新三郷店では、昨年から続く旺盛なステイホーム需要とこの時期特有の秋支度を反映する買い物客で賑わいを見せています。

売り場には水揚げされたばかりの新鮮な鮫のぬいぐるみが並び、旬の訪れを告げていました。
千葉県流山市から訪れた男性は鮫を手に取りながら「こさめは降るか?かさいるか?」等と翌朝の天気を気にしながら人形遊びを楽しんでいるようでした。

しかし、同行の家族からは「買うべきか、買わざるべきかそれが問題だ。」「お父さん恥ずかしいから隣歩かないで」などかなりの不評の様子。

「ネタが滑ってもダメージはないけど雨の日は滑ると大怪我するかもしれないから気をつけて」等と天気予報士っぽい供述と朝岡という偽名を名乗っていることから、スベリ警察はこの男性のスベリの余罪を捜査する姿勢とのことです。

なおスベリ警察によれば「サメのぬいぐるみ売り場で朝岡の名を名乗る父親はこれで何例目かもうわからない。」とのことで「真相を捜査するために我々は月曜日から金曜日の朝8時NHKを見ているが、父親の皆さんには自分のどこが朝岡さんなのかまずは鏡を見てほしい。」と警鐘を鳴らしています。

Newsカテゴリの最新記事