この夏なぜだか子どもが10km歩きたがる(かもしれないPokémon Go)

この夏なぜだか子どもが10km歩きたがる(かもしれないPokémon Go)

任天堂がはじめたスマホアプリ「Pokemon GO!」がアメリカ国内でローンチ(=サービス開始)されて爆発的な人気となっています。その勢いは任天堂の株価が3日で約30%、時価総額で90億ドル(約9300億円)上がる程ですから、ポケモン人気恐るべしと言ったところですね。
株価についてのニュースは、この辺りが詳しいです。

時価総額9300億円ゲットだぜ! Pokémon Go人気で任天堂株が成層圏を突き抜ける
少し興味のもたれたところで、じゃあそのPokémon Goって何なの?美味いの?って話になってくるわけですけれどざっくばらんに言うと、スマホの位置情報(GPS)を活用して現実世界でポケモンを捕まえたりできるゲームとなります。googleのingressと似たようなシステムで、ingressで言うところのポータル(=街中の目立つランドマーク)みたいなところにいるポケモンを捕まえて、育成したり戦ったりします。街中を実際に歩き回ってポケモンを探す楽しみがあるので運動不足の解消がてら、もうじき日本で始まるサービスに参加するのも一興ですね。


「Pokemon GO」今週中に日本でもサービス開始か
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1607/12/news088.html

アメリカで始まったこのPokemon GO!のサービスを聞きかじったところですと、街中で捕まえたポケモンからポケモンの卵をふ化させるために人力で10km移動する必要があるようです。

早速抜け道も考案されていたりもするところ、実際のところ日本でこの夏にサービスが始まったら、夏休みを迎えた子ども達がどういうわけだか10km歩きたがるというのは往々にして考えられる展開かもしれません。

子どもたちだけで10km歩くのもなんですし、せっかく流山の街に住んでいるなら、面白おかしく10kmを歩いて欲しいと思います。ついでにこの街を知り、愛着を持つきっかけにもなりえれば、楽しい夏の思い出作りになりますから、今のうちから流山市内を起点とする10km程度のコースをいくつか紹介しておきたいと思います。

流山ランツーリズム「都心から一番近い森のまち」を走る10.7km 里山、川沿い、史跡にグルメ
おおたかの森起点 10.7km
流山の見所をギュッとつめこんだランツーリズムです。おすわさまなんかは何かしらのポケモンがみつかる可能性が高そうな予感がしますし、里山の自然や坂川、大堀川の自然を詰め込んでいますので街歩きのスタートにも面白いコースになります。

2016年第25回流山ロードレース キッコーマンアリーナ起点の新コースの見所
流山セントラルパーク起点 10km
10月に開催される流山ロードレースは現在、エントリー受付中です。距離はちょうど10kmとなりますから、ポケモンの卵を孵化させるのに打ってつけです。コース自体は流山ランツーリズムのコースと一部被るところがあり、こちらも里山テイスト、川沿いテイストを味わうことができます。

流山おおたかの森~流山橋 1周 10.8km ジョギングルート
おおたかの森起点 10.8km
おおたかの森から、流鉄の平和台駅を通り、渋滞のメッカ流山橋に出てから江戸川沿い進みまたおおたかの森へと戻るコースです。
このコースでは、流山本町観光を絡めることができますので、troncやかごやさん、ラガールに清水屋さんや、EIZEN等の本町界隈の名店で一休みしながら、巡るのも楽しげです。

八木周辺ぐるり10.7km 怪獣と変電所に富士の絶景も

おおたかの森起点 10.7km
怪獣公園の怪獣に変電所の光景に子どもの喜ぶSFテイストを感じつつ、富士見橋で富士山を見る侘びさび利かした親子連れ(特に男の子)におすすめのコースです。
コースに困ったお父さんのお役に立てれば幸いです。

「トレンドを 暮らしの中に 落としこむ」
流山すみずみ
https://nagareyama-sumizumi.com

Runカテゴリの最新記事