レッツ玉葉橋 流山橋を使わない快適な新三郷ショッピングエリアへのアクセス

レッツ玉葉橋 流山橋を使わない快適な新三郷ショッピングエリアへのアクセス

新三郷ショッピングエリアへの第3のアクセス方法

ここ最近立て続いて常磐道で交通事故がありました。ハンドルを預かる一人のドライバーとして安全運転の意識を持ち、そしてまた気を抜かぬよう心がけいきたいものです。 新川耕地で進む超大型物流施設の建設も流山ICへのアクセスの利便性がベースになっていますから、交通事故等で常磐道が通行止めとなると、人だけでなくモノも流れない物流麻痺と言っても過言ではない状況を招きかねません。
経験上、常磐道の事故による流山街道の交通麻痺は何度も経験していますし、江戸川にかかる一般道の橋が流山橋だけというのは、流山市の弱点のようにも思います。

特にその弱点を否応なく感じさせられるのが新三郷ショッピングエリアへのアクセス(コストコ、ららぽーと新三郷、IKEA新三郷)です。直線ならば10km圏内の立地にありながら、江戸川を渡るための車が流山橋や流山八丁目付近に殺到し、所要時間が1時間はザラの渋滞が発生してしまっているのは、皆さんご存知の通りです。
今まで、流山橋の抜け道を通って新三郷ショッピングエリア行くルートを紹介したり、少しでもその所要を短くすることを考えていましたけれど、今日は、発想の転換として流山橋を通らないルートを提案したいと思います。

IMG_20150720_050214.jpg

 玉葉橋を利用したルート

このルートの肝はお隣の野田市にある玉葉橋の通行です。


ルート上は見ての通りの遠回りですけれど、このルートの良いところは、大きな渋滞が発生しないところです。

玉葉橋を使うルートは、流山からレイクタウンに行くルートとして紹介した事があるように、交通量が流山橋を通るルートに比べて圧倒的に少ないので渋滞にはまることが殆どありません。

1.旧流山有料道路に出る

2.野田、結城方面へ北上する

3.利根運河を越える

4.野田市今上交差点を左折

5.玉葉橋を通行して江戸川を渡る。

6.しばらく道なりを進む

7.県道377号右折の看板(吉川方面)を右折
※迷いそうだったら右折せずにそのまま直進でもOK

8.常磐道の高架が見えたら、常磐道に沿って右折
右折後、幅員の狭いゲートを通る箇所があるので、ゲートの通行時はご注意ください。

9.三郷ICスマート出口に接続し、そのまま直進。T字路を右折

10.そのまま直進、みちが大きくカーブするところで左折

11.武蔵野線に当たるところを右折、坂を下って左折、
武蔵野線をトンネルでくぐるとショッピングエリア到着となります。

ルート上は至近の流山橋を渡るのを待つか、遠回りでも快適なドライブをするか。両案、その時々に使い分けることが私は多いですね。
交通量の殺到する流山橋の渋滞緩和にもつながりますし、江戸川を渡る選択肢の一案になれば幸いです。

「玉葉橋利用なら30~40分程度ですよ」
流山すみずみ
https://nagareyama-sumizumi.com

お役立ちカテゴリの最新記事