求む筆箱。新一年生の入学準備と流山文房具事情。

求む筆箱。新一年生の入学準備と流山文房具事情。

先週は流山、柏市近隣の公立小学校で新一年生のための学校説明会が開催されることが多かったようですね。わが家でも今年の4月に小学1年生を迎える長女の学区の説明会に参加してきました。

こうした説明会の参加すると入学までに必要なものが具体的にわかってきます。そうすると加速してくるのは「ピッカピカの一年生」のための入学準備。現に文具を取り扱うショッピングモールのテナント店も、目抜きとなる店舗入り口が新1年生の入学準備向けの棚割となってきています。
そんな中、わが家でも新1年生のために筆箱探しをしてきました。

IMG_20160206_151402.jpg
店行けば 金が出るなり 文房具
筆箱界のレジェンドから新製品まで、たまに行くと発見も多い文具店。いい機会ですから近辺の文具店をチェックしてみましょう。

個人経営の味のあるファンシーショップ兼文房具店のようなお店もめっきりと少なくなった昨今、必然的に文房具を探すとなるとショッピングモールのテナントとなってきますね。

【流山市】
流山おおたかの森SC
LOFT流山店

http://www.otakanomori-sc.com/shop/?id=211
ご存知、おおたかの森SC 2階にあります。シャープペン、ボールペンなどのペン系の品揃えは地域でも随一ですね。昨今の流行でもあるフリクションボールとジェットストリームのラインナップの充実ぶりは助かります。一方で入学準備的な部分、筆箱など種類が少ないですね。

ZACCANIA流山おおたかの森店
http://www.otakanomori-sc.com/shop/?id=311
キャラクターメインのファンシーショップ系の雑貨店ですね。一部キャクター文具も取扱いがあります。
こちらの運営会社GRIDWORKSは流山に事務所が移転してきているので地元企業として応援してあげたいですね。

イトーヨーカドー流山店
http://blog.itoyokado.co.jp/shop/159/shopdetail.html
3階子供・暮らしのフロアに文房具売り場があります。
売り場はLOFTほど広くはありません。それでもラインナップは充実していてLOFTにはほとんど置いてない万年筆が充実していたりとなかなか侮れません。同じフロアにはランドセルなどの入学準備品の他、おもちゃや、子ども服、靴なども揃っているのでコンパクトながら、全方位にカバーしていて便利です。

【柏市】
ららぽーと柏の葉
ハンズビー

http://kashiwa.lalaport.jp/shopguide/10087569_7122.html
IMG_20160206_151323.jpg
ららぽーと柏の葉2階 東急ハンズの小型店。冒頭の象が踏んでも壊れない筆入れはこちらで販売されていました。時期的に目抜きとなる通路沿いに新1年生の特設棚割りができていました。派手過ぎない実用的な筆箱が多いのでシンプルなものを探している方にはちょうど良いと思います。キャラクターものはやや少なめでした。

オリンピア
http://kashiwa.lalaport.jp/shopguide/10087794_7122.html
IMG_20160206_150528.jpg
ららぽーと柏の葉3階 ファンシーショップの流れを汲むキャラクター系のグッズが充実しています。
男の子女の子問わずキャラクター好きの子の要望を満たしてくれそうです。私の好きなプリパラの文具も少量あるのを確認しました。子どもは欲しがるけれど、キャラものを回避する子育てをする親御さんにとっては鬼門かもしれませんね。そういった意味ではリアルな親子のせめぎ合いが見られるお店ですね。

イオンモール柏
ノンスクエア
http://www.aeon.jp/sc/chiba-kashiwa/shop/store/goods-122.html
ファンシーショップ系でキャラクターグッズが充実しています。オリンピアと同じ感覚でいけますね。
イオンとしても当然、入学準備品の売り場がありますから、文具だけでなく一式含めてを考えたときの利便性は流山のイトーヨーカドーと同じくらいありますね。

【番外編】
越谷レイクタウン
イオン系で言えば忘れてはいけないレイクタウン。イオンとしての文房具売り場はかなり広く、またラインナップも充実していました。入学準備品はもちろんのことスマステで紹介された文房具の特集コーナーなどもありますから、見ていて飽きません。加えてモールの専門店もありますから、少しの遠出をいとわなければ、品揃えは一番でしょう。
幸いなことに4月まではまだまだ時間もあります。お気に入りの一品がみつかるまで納得いくまで見比べて検討するのも入学までの楽しみの一つになるかもしれませんね。

Shoppingカテゴリの最新記事