流山周辺ホームセンター事情と近場のカインズホーム

流山周辺ホームセンター事情と近場のカインズホーム

DIYが必要になったとき、ホームセンターはどこに行くことが多いでしょうか。
市内で考えれば、流山のイトヨ近くと江戸川台にはビバホームもありますし、センパにはデイツー、南流山にはコーナンもできました。店舗もちょうどよくバラけてあるので立地的には、どこからも比較的近くお店に行く事ができますね。

近隣ホームセンター

少し大きな店舗に行きたくなれば、モラージュ柏内のロイヤルホームセンターもありますし、その向かいにはケーヨーデーツー柏店もありますから私は、この2店に行くことが多いです。 向かい合うように2つもホームセンターがあれば、両店を比較して買い物できますし、立地的に他の買い物にも絡めやすいところがいいところですね。

モラージュ柏内 ロイヤルホームセンター柏店
http://www.royal-hc.co.jp/shop/kashiwa/

お向かいのケーヨーデイツー柏店
http://www.keiyo.co.jp/store/detail.php?sid=116

近隣にケーヨーデイツーが多いのは、ケーヨーデイツーが京葉の名を関する通り、京葉産業から発祥した千葉県をお膝下としたホームセンターであり、他社にとって参入の障壁が高かったことも大いに影響していることでしょう。約10年程前ならば、独占や寡占のレベルでホームセンターと言えばケーヨーデイツーしかなかったわけですから、現在のこの選択肢の多さは隔世の感があります。

ケーヨーデイツー流山セントラルパーク店
http://www.keiyo.co.jp/store/detail.php?sid=201

ケーヨーデイツー柏の葉店
http://www.keiyo.co.jp/store/detail.php?sid=208

ショッピングセンター併設型ということで南流山ではコーナンの立ち位置も地域にとって存在感を増してきています。
ホームセンターコーナン南流山店
http://www.hc-kohnan.com/shop/detail_282.html

茨城の雄 ジョイフル本田

超巨大店舗に行きたくなれば、少し遠出になりますが、守谷や千葉ニュータウンの「ジョイフル本田」もあります。
茨城県の地場で始まったホームセンターで店舗の傾向としてとにかく巨大で多品種というどのホームセンターも持ちえない大きな魅力があります。それゆえに家一棟を一から建てられるレベルの商品の充実ぶりと店舗の広さは一見の価値があります。近隣のジョイフル本田守谷店の店舗広さは、体感的にはモラージュのロイヤルの2-~3倍以上の広さはあります。

ジョイフル本田 守谷店
https://www.joyfulhonda.com/shoplist/moriya/

ジョイフル本田 千葉ニュータウン店
https://www.joyfulhonda.com/shoplist/chibant/

新勢力セキチュー

また2018年現在、流山で勢いがあるのは、柏の葉店、おおたかの森店と立て続けに出店攻勢をかけているセキチューとなるでしょう。
使い勝手の良いサイズ感と品ぞろえは、デイリーユースにはちょうど良い店舗ですし、何より近くにあるというのは大きなメリットです。

流山おおたかの森店

柏の葉十余二店

近場のカインズホーム

こうして考えてみると流山周辺のホームセンターは種類、数ともに結構恵まれているのですけれども、ただ唯一不満をあげるとすれば「カインズホーム」が近くにないことでしょうか。

IMG_20150809_112416.jpg
流山から一番近いカインズホーム実は野田にある「カインズホーム野田さくらの里店」になります。
http://map.cainz.com/map/819
おおたかの森からは車で20-30分位ですね。
ちょっとおもしろいホームセンターなので興味があれば、出かけてみてください。
カインズホーム野田さくらの里店周辺は、スーパーの「ベイシア」、スポーツグッズの「ベイシアワールドスポーツ」も近隣に併設されているので「北関東おなじみ」のショッピング光景を目にすることができます。

【2018年2月3日 更新】
上記、さくらの里店は、2018年現在閉店しており、近場のカインズホームは、千葉ニュータウン店の他、埼玉県内の下記2店舗となり、流山含め柏、野田、松戸のカインズホームの空白地帯っぷりに拍車がかかっています。

カインズホーム千葉ニュータウン店
https://map.cainz.com/map/814

カインズホーム松伏店
https://map.cainz.com/map/247

カインズホーム草加松原団地店
https://map.cainz.com/map/748

群馬を本拠にする「ベイシア」グループのホームセンター業態の「カインズホーム」は、PB品の商品力、安さは他のホームセンターと比べて図抜けています。自社製品が多いのでSPA(製造小売業)型のホームセンターともよく言われていますね。
ざっくりと言えばおおたかの森近辺のスーパー「ベイシア」をやってる会社のホームセンターです。
お値段以上(異常)の「あのニトリ」と同じくPB品が多く、価格で対抗できるくらい商品は安いです。そして商品も古臭くなく、少し洒落ている。といった具合です。

空白地帯っぷりを打破すべく、「頑張れカインズ!頼むぞカインズ!」の期待の声が上がります。

Storeカテゴリの最新記事