KEIHOKU鰭ヶ崎店で流山市プレミアム商品券(500円券)を使ってきました。

KEIHOKU鰭ヶ崎店で流山市プレミアム商品券(500円券)を使ってきました。

わが家で購入した流山市プレミアム商品券もやはり、1,000円券に比べて500円券の使用ペースが鈍っています。大型店で使えない500円券を使用するためこの前の日曜日、流山市プレミアム商品券500円券の使い道。高級スーパーKEIHOKUへ行ってみるいい機会ですよ。で取り上げたKEIHOKUスーパー鰭ヶ崎店へ500円券の使用がてら買い物に行ってきました。


KEIHOKU鰭ヶ崎店は東洋学園大学の向かいにあります。

IMG_20150621_145336.jpg
高級スーパーの認識でいたKEIHOKUですが、着いた第一印象は、意外と店が狭いということです。

IMG_20150621_145328.jpg
駐車場も15台前後のスペースなので、佇まいはちょっと大きいコンビニ位のイメージです。(さすがに駐車場に止っている車は、高級車が多かったですね。)

IMG_20150621_154924.jpg
噂の1200円の牛乳は、お店に行ったときはありませんでしたが、KEIHOKUブランドのPB品を主に買ってきました。上の写真は、バウムクーヘン、めんつゆ、ジャムです。他にもPB品を中心にごまドレッシングやお菓子など色々買ってみました。

簡単な一言感想となりますが、
バウムクーヘンは素朴な味付けでしっとりとした食感で甘すぎず、素材を生かした味付けでした。子どもたちはばくばく食べていたので気に入ったようでしたね。牛乳と一緒に出してあげたら、普段あまり進んで飲まない牛乳ももりもり飲んでいたので、子どもでも味の違いがわかるのかな?なんて思いました。

めんつゆは、鰹だしを深く感じられるワンランク上のつゆの味をわかりやすく感じることができました。
めんつゆ自体そもそも万能調味料ですが、これから夏場の季節、お昼のうどん、そうめん、ひやむぎの麺3兄弟の良いお供となりそうです。これなら、麺3兄弟のヘビーローテンションが続いても飽きずにいられそうな気がします。

ジャムは、いちごとブルーベリーがミックスされたジャムを購入しました。自家製で作るジャムの砂糖と果物を煮詰めただけの自然な甘みによく似ています。果物の甘さが引き立っていて朝食のパンにつけても美味しいですし、プレーンヨーグルトに入れて、ミックスヨーグルトとして食べても美味しかったです。

どの商品も他のスーパーに比べて価格はやはり高いですが、庶民の私でもそのクオリティの高さには、納得することができました。
バウムクーヘンは一日で食べきってしまいましたが、毎日少しずつ使えるような調味料やジャムなどは、一旦買えば長い期間そのクオリティを楽しめますので、KEIHOKUで買い物するなら、こうした調味料やジャム、ドレッシングなどをまた買ってきたいですね。

またKEIHOKU店内には、お買い得品として通常よりもお得な会員価格の商品が結構あります。高級スーパーだから、会員になるのに年会費の心配をしましたが、会員には年会費無料で買い物当日なれます。カードの作成も時間はかかりませんから、お買い物の際は、KEIHOKUカードの会員となるのがおすすめです。
わが家では、流山市プレミアム商品券(500円券)もまだまだ残っていますので、もう少しリサーチを重ねてまた近いうちにKEIHOKUに行ってきたいと思います。

Storeカテゴリの最新記事