流山市内には救急車4台だけ。平日夜間・休日診療のため覚えておきたい流山市保健センターと東葛病院

NO IMAGE

今日一日は、救急車のサイレンの音が聞こえる機会が普段よりも多く、初石付近にもドクターヘリが駆けつけることもあったようで急患の方の無事を祈るばかりです。
流山市では、救急時には消防車で駆けつけるPA連携等も行われていますが、流山市内の消防署には救急車は4台しかありません。
救急車の利用については、生命に関わるときの利用と頭の中では分かっていても、子どもの急な発熱や嘔吐には、救急車を呼ぶべきかどうかを迷う場面もありますね。

特に病院がやっていない平日夜間・休日には、119番を押したくなりますが、流山市内には平日夜間や休日でも救急医療を受けられる施設があります。
今日は急に具合が悪くなったとき、覚えておきたい2つの施設、流山市保健センターと東葛病院を紹介します。

流山市保健センター

まずは、流山市保健センターです。
平日夜間と休日の受診が可能な診療所があります。
内科の診察もありますので子どもだけでなく大人も受診できます。

診療内容としては、急病患者に初期診療と応急処置を行います。
(処方できる薬は原則1日分)

流山市保健センター(TEL04-7155-3456)
月曜日から土曜日(平日)
診察 19:00-21:00(受付は20:30まで)
内科・小児科
日曜日・祝日・年末年始(12月30日から1月3日)午前の部
診察 9:00-12:00(受付は11:30まで)
内科・小児科・歯科
日曜日・祝日・年末年始(12月30日から1月3日)午後の部
診察 13:30-17:00 (受付13:00~16:30まで)
内科・小児科

住所 流山市西初石4-1433-1
地図はこちら 初石公民館の裏手にあります。

東葛病院

続いてもう一つ東葛病院です。こちらは流山市保健センターの診察時間外となってしまった平日深夜、15歳未満の子どもの夜間小児救急として2011年4月より東葛病院を受診できるようになっています。

東葛病院 TEL04-7159-1011
月曜日から土曜日(平日)
診察 21:00-翌8:00
診療内容としては、小児(15歳未満)の急病に対する初期診療を行います。

所在地:流山市中102-1 (平成28年5月に移転しました)
平成29年1月29日 修正
東葛飾病院の移転を更新
流山セントラルパーク前に平成28年5月より移転となります
地図はこちら

2つの施設をまとめてみたところ、日曜日や祝日の夜間はカバーされてないのでは?と思いましたが、日曜及び祝日の夜間帯は、下記3病院で持ち回りによる対応がされています。まずは、消防本部(TEL:04-7158-0119)へ電話し詳細を確認するようにしてください。(持ち回りの日程が変更となる可能性もあるため)

日曜日や祝日の夜間は市内3病院による持ち回り

市内3病院による持ち回り
千葉愛友会記念病院 TEL04-7159-1611
流山中央病院 TEL04-7154-5741
東葛病院 TEL04-7159-1011
日曜日・祝日
診察 18:00-翌8:00

私の娘たちもまだまだ小さく、夜間の急な発熱や嘔吐には「すぐにかかれる病院がない!」と救急車を呼ぼうと思うこともありましたが、こうして落ち着いて物事を調べられるときに、備忘録としてまとめておけば、もしものときでも安心した行動が取れますね。
備えあれば憂いなしですから、シェアして役立てて頂ければ幸いです。
流山市内には救急車4台しかありませんから、急を要するとは言え、生命の危機とまでは言えないとき、救急車の利用はできるだけ控え、救急医療を受診するようにしましょう。

参考URL
流山市WEB 平日夜間・休日診療(日曜・祝日の3病院持ち回りのカレンダーもあります。)
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/life/1000642/1000757/index.html

東葛病院WEB 救急(救急センターについて 大人も受診できるようです。小児救急の記載もあります。)
http://www.tokatsu-hp.com/kyukyu/

お役立ちカテゴリの最新記事