洋服のリサイクルなら新三郷のH&Mへ クーポンと交換してもらえます。

NO IMAGE

今日は最高気温が24℃まで上がり、少し汗ばむ陽気でしたが、朝夕も過ごしやすい良い季節になってきました。
少し汗ばむような季節になってくると、そろそろやらなければならないものの一つに、衣替えがありますね。
わが家でも、昨日今日と妻が冬服と夏服の衣替えをしてくれました。


子どもたちも日々大きくなっていく中で、上の娘のお古の洋服を下の娘に着てもらい、「まだ着れる。まだ着れる」とやりくりをしてきていましたが、季節が変わり目で衣替えをすると、はっきりと目に見えてわかる窮屈さや寸足らずになった洋服が出てきてしまうのものです。「去年は着れたのにねぇ~」なんて言いながら子どもの成長を嬉しく思う反面、着れなくなった洋服の処分を考えなければいけなくなってきます。

今日はそんな洋服の処分から3R(リデュース、リユース、リサイクル)を考えてみました。

その1 リデュース(reduce)
ごみを減らす。そもそも買わないとも言えるでしょうか。
妻が服を買おうとするときに「同じようなの持ってるよね」といえる勇気があるかどうかですかね。
私、もう少し勇気を持ちたいところです。

その2 リユース(reuse)
知り合いや友人の子どもにさらなるお古としてプレゼントし、改めて使ってもらう再利用ですね。
まだまだ使えるものなら、安易に捨てるのはもったいないですよね。
人に服を貰ったとき嬉しかったことを思い出すと、使用感のないものや元々のモノが良いものがあれば声をかけてみるのもいいですよね。

その3 リサイクル(recycle)
流山市だと月2回の資源ごみとしてリサイクルに出すことができます。資源ごみの日を待てない場合、クリーンセンターへ持ち込むこともできます。(これ結構便利ですよ。)
ユニクロ、ジーユーで購入したものの場合は、ユニクロ、ジーユーどちらでもリサイクルBOXに回収してくれますね。難民キャンプ等遠い国で衣料として役立ってくれるのならば、ただ捨てるよりも少し世の中に役立てますから悪い気もしません。買い物ついでにリサイクルですね。

その買い物ついでのリサイクルと言えば、圧倒的におすすめなのは、H&Mです。

一番近くだと新三郷ららぽーとにH&Mがあります。
ユニクロ、ジーユーでのリサイクルは、ユンクロとジーユーの商品に限れますが、H&Mの場合、服自体がH&Mで購入したものでなくても良いというのはすばらしいです。しまむらでもサンキでもOKなんです。
ただし、アクセサリー類(ピアス、ネックレス、 靴、鞄、帽子、ベルトなど)はNGとwebに記載がありました。

適当な袋に服をつめてH&Mに持っていくと3,000円以上の買い物で500円引きしてくるクーポンと交換してくれます。リサイクルして500円のクーポンをもらえてお得になるというのは、ちょっと他では聞いたことがないですね。

わが家では、今週末衣替えで切れなくなった服を袋につめて、H&Mでクーポンと交換してくる予定です。
この前、流山有料道路が無料化されたときに早速、新三郷のららぽーとに行きH&Mを見ましたが、そのとき娘たちの大好きな「小さなプリンセスソフィア」の服を見つけたので、クーポンの使い道も悩まず決まりそうです。

余談ですが、この「小さなプリンセスソフィア」おもしろいんですよ。アナ雪前後のプリンセスブームに乗っかったディズニーのアニメで小さな女の子のソフィアがプリンセスとして日々成長していくお話です。
時折、ディズニーの有名プリンセス(シンデレラやアリエルやラプンツェル)が出てきたりするので、女の子はもちろん、ディズニー好きなお母さんにもおすすめです。無料の衛星放送Dlifeで見れますよ

お役立ちカテゴリの最新記事