お祭りと焼きそば 「森のマルシェ」と「まるしょう」で味わいましょう

NO IMAGE

今日の我が家の夕飯は、妻の手作り焼きそばでした。
焼きそばを食べていて思い出したのは、子どもの頃、夏休みのお祭りで町内会のおばちゃんが作ってくれた野菜多めの肉少なめ、お値段安めな懐かしい焼きそば。

「くっださいなー」の声に「はいお待ち!ドーン!」なんて応えてもらったり、それで出てきた焼きそばが、キャベツの芯ばっかりだったりで文句を言ったりするのですけど、お祭り気分で食べる焼きそばって特別に楽しかったし、美味しかったですよね。
そんな楽しいお祭り気分を味わいたくなったら?

流山では夏休みを待たなくても年に何回もお祭りがあるんです。


それは、流山おおたかの森や南流山の駅前で定期的に開催される森のマルシェという屋外でのイベントです。
調べてみたら、次回の開催はゴールデンウィーク真っ只中の5月4日(月・祝)で、おおたかの森駅前で流山グリーンフェスティバルとの同時開催ですね。
森のマルシェは、出店の屋台が何軒も出て、色々な催し物も行われる流山恒例のお祭りのひとつです。

おおたかの森での開催時は、おおたかの森SC前の駅前広場に所狭しと様々な屋台グルメが集まる他、テントや特設ステージでの催し物にたくさんの人が訪れて、お祭り気分が味わえますよ。
流山に住む人はもちろんのこと、流山への転居を検討される方にも街の活気や雰囲気が感じられるので是非来て見て欲しいイベントです。
さらに今回はグリーンフェイスティバルとの同時開催なので、自然がいっぱい、色とりどりの花絵も楽しめそうですね。私も家族と一緒にお祭り気分を味わいに行くつもりです。

味わいたいのはお祭りじゃなくて焼きそば!という食いしん坊さんもご心配には及びません。
流山には、年中おいしい焼きそばが食べられる、最近では珍しい焼きそば専門店もあるんですよ。

そのお店の名前は「まるしょう」といい、豊四季に本店が江戸川台にも支店があります。現在は本郷三丁目に支店があります。

焼きそばは、細麺と太麺が選べますがおすすめは、断然太麺です。太麺のもちもちした食感は、本当にあっという間にペロリと平らげられますよ。
野菜多めの肉多め、麺まで多めで値段は安め、並盛でも麺400g!もありますが、価格は500〜600円台でだいぶ良心的なお店です。そんなに食べられないってときには小盛りの300gにトッピング1品サービスを選ぶこともできます。

加えてこの「まるしょう」ちょっと面白ところがあって、お店の店員さんが麦わら帽子をかぶっていたり、お店の中もマンガのワンピースのミック全巻が揃えられ、フィギュアやグッズ、果ては作者である尾田さん直筆のルフィがまるしょうさん宛にコメントしている色紙が飾られていたりと、ワンピースマニアの方にもなかなか侮れないお店です。

私は、ソース焼きそばが一番好きですが、他にもナポリタン焼きそばなど結構面白いメニューがありますので森のマルシェまでに焼きそばが食べたい病にかかってしまっても、ワンピースのチョッパーばりにこのまるしょうさんが癒してくれることでしょう。

今日は、お祭りと焼きそば、「森のマルシェ」と「まるしょう」のお話でした。ドン!

I ♥NYカテゴリの最新記事